レポート。アジアごはんズVol.5終了「チキンライス食べつつ指南!ごはんズ流・東南アジアの遊び方」

チキンライスを食べながら、ほのぼのトークで楽しみました。チキンライスそのものはシンガポール版を用意。それぞれの国のチキンライスの特徴である「つけダレ」を4ヵ国で計7種(タイのタオチオ、シンガポールの生姜・チリ・黒醤油、インドネシアのサンバル・パクチー、マレーシアの酸味のあるチリ)を提供。どれもまったく違う味で、チキンライスという料理の深さと、その国の人々の嗜好性の違いを実感!また、アジアごはんズ流旅情報をそれぞれお伝えし、私たち自身も、ほぉへぇと感心し、ワクワクした時間でした。詳細レポートは、赤文字のタイトルをクリック!

アジアごはんズVol.5(終了)今回は「アジアごはんズが指南!東南アジアの遊び方」

ごはん比較探Qユニット「アジアごはんズ」主催イベント。今回のテーマは東南アジア4ヵ国の「楽しみ方」。食文化の話に加えて、4カ国の基本情報、私たちがふだん現地で泊まるホテル、行くと必ず食べるごはん、地元の人が通う人気店などアジアごはんズ流の旅スタイルを皆さんにシェア。チキンライスを食べながら一緒に探Qプチトリップしましょう! ASIA GOHANZ TALK show with Chicken Rice and Sweets!! And we teach you recipe of 4 types of sauce of Chicken rice, Thai, Indonesia, Singapore and Malaysia 食事は、4ヵ国共通で人気のチキンライスを提供。アジアごはんズらしく、タレは4種で。

By | 2018-05-28T10:10:29+00:00 2018. 05. 14|Categories: Event, News|Tags: , , |

4か国のチキンライスの違い

チキンライスに添えられたソース。ゆで鶏につけたり、ご飯にかけたりして食べるのですが、そのソースに各国の特徴があります。チキンライスの味はソースで決まると言っていいほどで、その大事な味に特徴があるのです。ソースのほかにも、人気のトッピングや肉質の好みなど、特徴はそれぞれ。これを読めばあなたもチキンライス通になれる!

パイナップルタルトのこと

「おやつ食べ比べ」の打ち合わせにて。 どの国のおやつの話をしていても、「あ、それタイにもある!」「違う名前だけどインドネシアでも食べるよ」などなど、各国の共通点が次から次へと出てくる。 なかでもおもしろかったのが、パイナップルタルト。同じようで違う、違うようで似ている。そもそもこのお菓子、アジアというより西洋菓子風。そういえば、小麦粉っていつから食べてるんだろう?パイナップルの原産地は??